カーブがあるメガネ

どうもメガネのバン 西川です。

本年もよろしくお願いします。

 

さて今日は、メガネのカーブについてのお話をしようかと思います。

みなさん色んなメガネを買われた経験があると思います。

 

最近では、メガネがオシャレになって

服装や気分でメガネを変えようって
事で同じ度数で複数所持なんて方も

多くいらっしゃるようになったかと思いますが、、、

 

どうですか?

 

同じ度数で同じ設計のレンズのはずなのに

見え方が全然違う気がする、、、

そんな事ってないですか?

 

これには、原因が様々ありまして

まずレンズの大きさが違う。

目とレンズまでの距離が違う。

メガネを掛けた時のフロントの傾斜が違う。

そしてメガネのカーブ(そり角)が違う。

等があげられます。

 

今回は、その中でもメガネのカーブの話をしようと思います。

昔、度付のサングラスを作られた方で

メガネと同じ度数で作ったら見え方が全然違って
気持ち悪くて掛けられなかったという

経験をされた方もいると思いますが


これもカーブが影響している事が考えられます。

僕は、他のみなさんの様に分かりやすい

画像を作る事ができないので
すっごい分かりにくい文章で書く事になるのですが、、、

 

今お使いのメガネを横にななめに傾けてみて下さい。

 

どうですか?

 

めちゃくちゃ気持ち悪いでしょ?

 

そのままメガネを作ったらどれだけ使いづらいか

簡単にですが分かったと思います。

じゃあどうすれば、カーブ付きのメガネを

快適に使えるメガネにすることができるか。

それは、度数補正とプリズム補正をする事です。

 

めちゃくちゃ意味わからないですよね?

 

度数補正とは、普通のメガネのカーブと同じ見え方を

するように度数を調整します。

なので、カーブが付いているメガネとカーブが

付いていないメガネでは、度数が全然違ってきます。

 

そしてプリズム補正とは、カーブのあるメガネを

掛けると視線が外に開いてしまうので
プリズムをいれて視線がまっすぐに

なるようにするというものです。

 

結構大変ですよねー。

 

ちなみにこのプリズム補正と度数補正を

行う方法が2つあります。

 

まず一つは、レンズメーカーさんが販売している

カーブフレーム用レンズの度数補正&

プリズム補正を自動でかけてくれる
レンズを選択する事。

 

オークリーの純正レンズやNIKONのSEEMAX

インフィニットがこれにあたります。
内面非球面設計で外面にカーブをつけて

仕上がりもかっこよくなるのでオススメしてます。

 

そしてもう一つがお店で度数補正をかける方法。

これは、カーブレンズを使わなくてもいいけど

結構あおり角があるなーっていうフレームには、

とっても有効な手段だと思います。

 

もちろんお金に余裕があれば上記の

オーダーメイドレンズを使うといいですが

この方法だと通常のレンズが
そのまま使えるので金額的にも

お安く仕上げる事ができます。

 

ぼくのお店では、あおり角が強めのフレームには、

大体度数補正をかけていますが。
強度の方だとびっくりするくらい度数が変わってきます。

 

ここからがさらに大事なお話です。

 

この度数補正してくれるレンズ、

さらに度数補正ソフト全然持ってないってお店普通にあります。

 

先ほど昔度付のサングラスがーって言いましたが

今でもそれができないお店が普通にあります。

カーブ付のメガネやサングラスを作りたいと思ったら

一度しっかりお店の下調べをしてから購入される
事を強くオススメ致します。

 

それによって出来上がったメガネが快適なメガネ

になるか使いづらいメガネになるか大きな差がでてくると思います。

 

みなさんのお住まいの近くでもカーブメガネが

得意なお店があるはずなので

良いお店を見つけて良いカーブメガネや
サングラスを作って下さいね。

 

最後に変わった検眼枠の画像載せておきますね。

これがうちのお店にあるカーブ用の検眼枠です。