1.523

現在、メガネレンズはプラスチックが主流ですが、

昔はガラスレンズでした。

 

最もスタンダードなガラスレンズはホウケイ酸ガラスで、

クラウンガラスとよばれるガラスです。

 

光がどのくらい曲がるのかを表す屈折率の1.523

という数字はメガネ業界ではあまりにも有名な数字です。

 

メガネ好きな人はビンテージのフレームを見つけたら

クラウンガラスを入れてみるのマニアックですよ。

お店の人に「1.523のクラウンガラスでお願いします」

なんてオーダーすれば必ずビックリされるはずです。

 

画像はファイヤーキングというマグカップですが、メ

ガネレンズと同じホウケイ酸ガラスでできています。

クラウンガラスのメガネで同じガラスのカップで

コーヒーを飲むなんて楽しみ方どうですか(^^)